介護事務の資格試験

勉強を始める切っ掛け
介護事務通信講座比較トップへ ≫ 実際の試験問題

介護事務の資格試験は実際にどんな問題?

勉強

いざ介護事務として働くため資格を取る、という場合どういった勉強をすればよいのでしょう。

介護事務の資格試験は他の資格に比べると、比較的問題数が少なくなっています。学科と実技に分けられた2種目での問題なので、要点をおさえた学習をすることが、合格への近道とも言えるでしょう。

筆記と実技?

試験

介護事務の試験は、各科目毎で問題をいくつかに分けた学科の試験と、点検・作成を含む実技試験である「レセプト作成」で構成されています。

学科に関しては問題形式が固定されておらず、4択になっているものから正誤を問うものなどその出題形式はさまざまです。そのため、介護に関する知識を誤認識のないよう、明確に覚えていくことが得点への重要なポイントになるでしょう。

レセプト作成とは

レセプト作成

試験全体の半分以下の出題でありながら、合格に向けて重要になるのが、実技であるこの「レセプト作成」です。

レセプト作成とは、介護保険報酬請求の提出書類のことです。現在日本では、医療や介護の現場において保険による利用者の負担額軽減が大きくなされています。

レセプト作成とは、国の基準に基づいた単位などを用いて、その軽減された負担額を国に対して請求するための書類作成を行うことを指します。この作業を行わなければ、保険料で軽減された金額が返金されないわけですから、介護や医療の事務現場では欠かせない、主軸業務ともいえる大切な仕事になるのです。

試験対策の鍵はレセプト作成?

管理人

レセプト作成は、試験合格のカギでもあります。というのも、多くの介護事務系資格試験では一定の合格基準が定められており、その基準のほとんどが「学科のみの得点では合格に満たない」ものだからです。逆をいえば、レセプト作成での得点は、合格への必須条件ともいえるのです。

また、実際に勤め始めると重要な業務になるのはもちろんのこと、専用の単位や計算方法を用いることから、重点的な学習をしたい項目でもあります。過去問や練習問題などを使って、なるべく多くのレセプト作成に挑むことをおすすめします。

ユーキャン たのまな ニチイ