介護事務はどの程度のPCスキルが必要か

勉強を始める切っ掛け
介護事務通信講座比較トップへ ≫ パソコンスキル

介護事務とパソコンスキル

パソコンをする

介護事務は文字どおり、介護業界の中で、事務として働く職業です。その職業柄、行うことは限られているとはいえ、ある程度のPCスキルは自然と求められてきます。では、実際にはどの程度のPCスキルを備えているのが望ましいのでしょうか。

「介護事務ソフト」の入力などでパソコンは結構使う

介護事務の業務の主軸ともなる「レセプト作成」を始めとして、介護事務の仕事ではパソコンを使う業務が多々あります。

もちろん働く場所によって差があるので、すべてで同じ業務を行うとは限りませんが、勤怠などを表管理したり、施設内でのイベントで印刷物を作ったりする機会もあるので、エクセルやワード等をある程度使えるパソコンスキルは必要になってくると言えるでしょう。

いつも同じソフトを使う

介護のパソコン

介護事務の仕事は決まったソフトを使うのでそこまでPCに詳しい必要はありません。求められるパソコンスキルも決して高度なものではありません。

パソコンを使用しての業務は固定のソフトを使うことが多く、実際の業務に携わるうちに使い慣れていくからです。

もちろん就業先によっては、より高度なパソコンスキルを求められる場合もありますが、介護事務についてはPCに関して常に新しい技術を要求される職業ではないので、基本的な操作や使い方を知っていれば、スムーズに仕事を始められるでしょう。

パソコンスキルを習得できる講座は多い

「これまでパソコンをほとんど使ったことがない」「機械は苦手なので心配…」という方も、介護事務の講座ではパソコンの作業についても講習してくれるところが多いので安心です。

特に自身のパソコンスキルに自信がない方は、自分のレベルにあった学習や、パソコンの講習に力を入れている講座などを選ぶことをおすすめします。

ユーキャン たのまな ニチイ