介護事務の試験難易度

勉強を始める切っ掛け
介護事務通信講座比較トップへ ≫ 介護事務の試験難易度

介護事務の試験難易度は?

介護事務の資格は他の資格と違い、テキストの持ち込み自由の場合や在宅試験が多く、知識がきちんと身に付いているかを問う技能審査試験ですので難易度はあまり高くありません。合格率を発表してる団体も有りますが試験のたびに違いがあり40%~60%までの幅があります。落ちた方もすぐまた試験できるのが介護事務の特徴でもあります。

当サイトで紹介してる講座もほぼすべて在宅試験、テキスト持ち込み自由で、何回も課題を再提出できたりします。合格保証のある講座や「がんばれば100%取得できます」と表記があったりと、ほとんどの方が取得出来てるようです。

医療事務よりも難易度は低い?

介護

医療事務試験と介護事務試験の難易度はそれぞれの資格の種類も多く一概に比較はできませんが一般にはほぼ同程度と言われています。

どちらの資格もチャンスが多く、在宅試験、テキスト持ち込み自由の場合が多い為、合格率が高めになっているものと考えられます。受験者のほとんどの方が合格しています。

実際に現場における介護事務の仕事も常に資料を見ながら介護報酬算定をしますので試験でも資料の持ち込みがOKなのです。

介護事務の受験者数は年々増加傾向のようです。今後も、介護施設が増加することが予想される中、介護事務の需要は増えていくでしょう。

介護事務の資格には「ケアクラーク」や「介護事務管理士」「介護事務士」等がありますが、資格の名称 が変わっても基本業務に違いはありません。認定している団体が異なるだけのことです。

難易度に関係なく実務のために覚えよう

管理人

介護事務の難易度はあまり高くないと言っても実際に就職して即戦力にならなくては資格は取る意味がありません。

実際介護事務の資格はなくても働けるところは沢山ありますが、募集の時点で資格所有が条件だったり「あったら尚可」等の場合は雇う側も即戦力を期待しています。

資格を取って履歴書に書け、採用されるのは重要ですが実際に働いてみたら何にもできないようでは、雇う側も本人も困ってしまいます。

介護事務のような技能資格の場合、取得後に仕事で困らないレベルまでしっかり学習しましょう。

ユーキャン たのまな ニチイ