介護事務の資格を取得する流れ

勉強を始める切っ掛け
介護事務通信講座比較トップへ ≫ 資格を取得する流れ

介護事務の資格を取るまでの具体的な流れ

資格の流れ

介護事務の試験は、資格の種類にもよりますが、多い場合は随時行われています。他の認定試験と比較して、とても多いほうですから、チャンスも多く人気があります。

介護事務の資格は独学で自宅学習して受験を受けに行くタイプはほとんどなく、講座に通ったり、通信講座を修了して最後に認定テストをして資格取得というケースがほとんどです。

ここでは介護事務の資格を取得する実際の流れを解説していきます。

受験する資格を決めて、勉強開始

管理人

介護事務には沢山の種類がありますので、まずはどの資格を受験するかを決めます。資格の種類は受講する講座によって違いますが資格の種類によっての就職に有利不利などはあまりありませんので資格講座の料金や受講期間で決めてしまっても構いません。

スクールの比較はこちらが便利です。

資格にもよりますが試験日程が年回、何度もあったり、講座によっては修了後いつでもと言う場合もありますのでよく調べましょう。自分の予定などをよく考えて、自身にあった講座が望ましいです。

時間が掛かっても最後まで続けられれば資格は取得できますのでモチベーションを保ち続けることです。

在宅試験が多い

合格だるまイラスト

介護事務の試験は会場に出向き、受験する資格もありますが、在宅試験が可能な場合が多いのが特徴です。

介護事務管理士の試験要綱には『通信講座などを利用していて、さらに一定の条件(受講期間内に修了認定試験に合格するなど)を 満たす』事で、在宅で試験を受けられるという制度、『在宅受験制度』を利用することができるとありますが、 通信講座の『ユーキャン』ではこの制度を使うことが可能です。

介護事務の資格試験は実施日程が多いので、受験しやすい資格ですが、 受験費用は5000円以上と 決して安いとは言えません。何度も支払うと大きな出費になってしまいますので確実に合格できるよう、しっかりと準備をしておくことが重要です。

たいていの介護事務資格は実施後すぐに合否発表がありますので、就活と同時に資格取得といった事も可能です。

ユーキャン たのまな ニチイ