介護事務講座徹底比較

勉強を始める切っ掛け
介護事務通信講座比較トップへ ≫ ヒューマン

ヒューマンの「たのまな」

ヒューマンの通信講座たのまな

介護事務の資格はテキスト持ち込み可能だったり、通信講座修了が資格取得だったりと暗記の必要がないため比較的簡単に取得できます。

当サイトでは介護事務の資格を取得するための通信講座を沢山紹介していきたいと思います。

ここではヒューマンが運営する「たのまな」を紹介します。「たのまな」は楽しく学ぶの略で管理人が最もおすすめするの通信講座です。たのまなでは全5回の添削問題をクリアすればすぐに資格が取得できます。

たのまなの介護保険請求事務はこちら

実際の学習内容は?

通信講座

現在介護事務でのコンピューターの使用率は、100%と言われ、レセプトコンピューターが使えなければ 仕事になりません。「たのまな」の講座では、実際に現場で使用されるコンピューターソフト「快悟朗II」を用いて、 自宅に居ながらにして実際に役に立つ技術を身につけていくことが可能な作りになっています。

実際の学習を始める前に見る入門DVD「介護事務入門」でまずは全体のザックリとした介護の仕組み、お金の流れを学びます。 最初に大枠を学ぶことで、その後の学習がスムーズに進みます。

その次に、給付管理業務と介護報酬請求の流れを学びます。それが終わったらた、上で述べたCD-ROMを使って、介護事務コンピューターの扱いを勉強します。暗記の必要は一切なく、テキストを調べながら学習していっていいのです。実際現場でも資料など見ながら行うので細かい暗記は必要ないのです。

操作方法などを学習したら、まとめとして演習問題と実力診断テストで理解度を深めましょう。そして、全5回の添削問題をクリアすれば介護事務実務士の資格が所得できます。大変そうに思えるかもしれませんがコツコツと自身のペースで努力すれば100%取得できます。

サポートはどうか

サポート

通信講座で心配な事といえば、ひとりで学習していてる事ではないでしょうか?「たのまな」ではしっかりとしたサポートがあるので安心です。

解らない所があったら質問は何度でも可能で、専門の講師が疑問や質問に答えてくれます。

無料延長制度、特別セミナーの開講、再チャレンジ制度に各種割引もついて、これから学習を始めようという方を万全のサポートで迎えます。

また介護事務実務士を所得後も、就職や転職のサポートも手厚いので心強いです。「たのまな」は全国に校舎を持つヒューマンが運営する通信講座ですので 全国の求人情報が集まっています。全国51人のヒューマン就職アドバイザーの個別相談をお近くのヒューマンの校舎で受けられるというのが「たのまな」の魅力の一つです。

「たのまな」に興味のある方は、無料で資料請求が可能ですので、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

「たのまな」の通信講座 『介護保険請求事務』